logo gov.co

1908年5月25日にワシントンで署名された修好通商航海条約によって樹立されたコロンビアと日本の外交関係は1942年1月、第二次世界大戦のため一時中断、1954年5月に再開されました。 2018年には外交関係樹立110周年が祝われました。二国は民主主義、自由、法の支配を尊重するという共通の価値観に基づき、現在に至るまで多様、潤滑で相互に信頼できる関係を築いてきました。その所産として定期的な政治会議の開催、協力・連携の多角化、教育交流の進展を挙げることができます。

以下、近年行われた要人往来、会議です。

2018年12月19日。カルロス・オルメス・トルヒージョ外務大臣の東京公式訪問:河野太郎外務大臣および日本コロンビア友好議員連盟との会合。

2018年8月16日:河野太郎外務大臣のボゴタ公式訪問:イヴァン・ドゥケ・マルケス大統領およびカルロス・オルメス・トルヒージョ外務大臣との会談。

2018年8月7日:大統領就任式:コロンビア日本議会友好連盟会長である山口俊一衆議院議員が特派大使としてコロンビアを訪問。マルタ・ルシア・ラミレス副大統領およびカルロス・オルメス・トルヒージョ外務大臣との会談。